はじめまして。

私は2児の父で小児科医です。父親として、小児科医として疑問に思ったとこと、また日々の生活の振り返りを書いていきます。

まずは自分のことを。

先日新生児成育医学会主催の学会に発表目的で参加してきました。日本の新生児医療は世界最高水準であり、新生児死亡率は1000出生に対し0.9人です。1人を切っているのは先進国でも日本くらいです。

それでも防げない新生児の命を助けることに対し全力を注いでおられる小児科医の熱量を学会場で感じ、私自身も努力し明日からの診療に繋げていくんだという強い気持ちを再度確認することが出来ました。

最初の投稿ですので、子育てに関しての情報を1つ。

2016年の日本における、6歳未満の子どもを持つ夫の家事・育児関連に費やす時間は1日あたり83分(うち育児の時間は49分)で、他の先進国と比較し水準が低いということが報告されています。

(アメリカは3時間10分、イギリスは2時間46分、スウェーデンでは3時間21分!!)対して妻は7時間34分(育児の時間は3時間45分)で夫婦合計は9時間程度となります。

(詳細は総務省「社会生活基本調査」、内閣府男女共同参画白書平成30年度版、Bureau of labor statistics of the US.”American time use survey 2016、Eurostat”How europeans spend  their time  everyday life of women and men 2014を参照)

この合計時間は他国と比較し同じなので、圧倒的に夫が家事・育児関連の時間を割いていないことが露呈されてしまいました。
私も妻に家事・育児を任せがちであることを反省する事、また子どもとの関わりを振り返りながらブログを作成できたらと思います。

妻に感謝しつつ、自分の出来ることを少しずつやっていきたいですね。

画像は学会会場のホテルから撮影した桜島です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です